リフォーム物語

トイレのリフォーム事例

リモデルスタイル作品コンテスト2006「中国・四国地区ブロック賞」 受賞作品

10分置きに行きたくなるトイレ
観音寺市 大西 吉彦様邸(仮名)
sub1
リフォーム後

コニーの事務所のトイレのようにしたいと言ってくださいました。
ご家族の健康を第一に考えて素材選びにこだわられる奥様の姿に感動しました。
担当:小西多香子


観音寺市 大西 吉彦様邸(仮名)
家族構成 奥様
工事範囲 10畳DKと6畳和室、床収納
工事期間 約3週間

リフォーム前

sub2下水道にも接続している洋式のおトイレでしたが、洗浄便座でも暖房便座でもありませんでした。
壁には、ご親戚の方が竹の板を両面テープで腰壁のタイルに貼っていらっしゃいました。
壁がはがれかけていましたし、何よりご主人が洗浄便座を希望されていました。

コニーのご提案

痔を患っているご主人のために

単身赴任で普段は一緒に生活していませんが、帰省された際にやはり洗浄便座がないと調子が悪いそうで、なかなか家でくつろげなかったそうです。
体格のいいご主人でもゆったり座っていただけるし、コンパクトサイズの便器のネオレストAをご提案しました。
トルネード洗浄でお掃除もしやすく、汚れも付きにくいことはコニーでも使っていて実感していますが、さらに、節約6L洗浄は下水道料金もさがる優れものです。
迷わずオススメしました。
新発売の商品でしたので、観音寺で一番最初に取り付けました。

sub3

コンパクトサイズでもゆったり座れる。
お掃除しやすく水道代節約もバッチリ
TOTOネオレストA。


ビニルクロスはアレルギーがあるので避けたい

コニーのトイレの雰囲気を大変気に入ってくださっていたので、イメージは決まっていました。
ただ、コニーのトイレの壁はけいそうじゅらくでしたので、幅が狭い大西様のお宅では、壁に飛び散ったりした時のお掃除を考えて他の素材を検討することになりました。
奥様はもともとアレルギー体質でしたし、ご友人のお話でビニルクロスのホルムアルデヒドで目を傷めた方の経験も聞いていらっしゃったので和紙を貼ることにしました。
和紙も汚れに弱いと思いがちですが、提案の商品は光触媒で汚れを落とすコーティングがされていてお値段もビニルクロスに近いので安心して使っていただけます。


コニーのおトイレの雰囲気で!!

ダークウッドとホワイトのコントラストをきかせたコニーのトイレは実はINAX全国版のタイルカタログで紹介されるほどの出来栄えです。私もつい長居をしています。
そんなシックでモダンな雰囲気を出すために、今回は和紙に加えてアートパネルを採用しました。
正面の壁と手洗いのところにアクセントをもたせ、既存の枠やカウンターの色も統一しました。
ドアや収納家具の存在感を消すために、あえて和紙を貼りました。
部屋としての一体感が生まれ、実際は5センチほど狭くなったのですが、少しも狭さを感じさせません。
オレンジのアレンジフラワーを添えて素敵なおトイレになりました。

sub4

タイルカタログに掲載された
コニー事務所のトイレ

 

sub5

シックでモダンなトイレに

 

sub6

入口ドア上部には収納棚を

リフォーム後

一時帰国したご主人が、10分もたたないうちにちょっと行ってくるわと言っておトイレに行くそうです。
「なかなかリフォームしてくれんかったけど、するとなったら思い切ってするのう」と大変満足してくださったようです。
小学生のお孫さんも、「じいちゃんの言う事がわかるわ、落ち着くわ」って言ってくれたようです。
工事中職人さんも言ってましたが、痔の方はウオッシュレットがなかったら本当につらいそうです。
体調もよくなる健康リフォームになりました。


▲このページのトップへ