リフォーム物語

エクステリア(外装)のリフォーム事例

新築の外構工事
愛媛県四国中央市 安藤様邸(仮名)
sub6
リフォーム後

友人が新築を建てました。
家を持つ。もうそんな年なんですね。
我が家も建てたくなりました。
家に対するこだわりは外構でもおなじこと。
気に入ってもらえてよかった。
また遊びにいきますね。

担当: 小西多香子


愛媛県四国中央市 安藤様邸(仮名)
家族構成 30代ご夫婦・兄・妹
工事範囲 カーポート・塀など
工事期間 約3週間

リフォーム前

sub5長雨が続いた今年の夏。隣の田んぼの水があふれ、どんどん敷地に流れ込んできました。
同じくらいに建てた近隣のお宅も石やレンガで工夫しています。
だけど、やっぱりお隣と同じはイヤ!
ちょうど角地に立つ我が家。
勝手口前をふさぎたいけど、塀を高くすると視界が悪く、事故になったら大変。
いろいろ希望が多く条件も厳しい中、コニーにお願いしました。

コニーのご提案

コンクリートの庸壁

隣の田んぼが約30センチほど高くなっていて、田んぼをオーバーした雨水が流れ込んできます。
そこで、境より高く庸壁を作りました。
これで多少の雨は防げるでしょう

sub3

隣の田んぼの方が高く、
雨水が流れ込んできます。

 

      ↓

sub4

さらに高い庸壁で梅雨の季節も安心。


アプローチと駐車スペース

べたっとコンクリートを打つのは余りにも芸がありません。
カーポート下の駐車部分とは別に玄関へ続くアプローチをレイアウトしてほしい、でもお隣と同じジュラストーンを使うのはいや。
という中で、レンガをアレンジしたデザインにしました。
レンガの中に埋め込まれた光るソーラーマーカー。
昼間の光を貯めて夜ほのかに光り、通路を照らします。
帰りの遅いご主人の道しるべになります。

sub5

 

リフォーム前

 

        ↓

sub6

コンクリートにレンガをアレンジしたアプローチ。
ソーラーマーカーが埋め込まれていて夜ほのかに光ります。


レンガの壁

外壁にレンガが使われているため、レンガで塀を造りました。
レンガだからできる高低差のリズム。
死角にならないように高さを考えて作りました。

sub7

道路から勝手口がまるみえ

 

     ↓

sub8

家の外壁に合わせたレンガの塀。
死角にならないよう高さを考えつつ、高低差も必見。


家族の絆

お父さん・お母さん・お子さん2人の手形
お父さん・お母さん・お子さん2人の手形

今回のリフォームの記念に家族の手形を押しました。
コンクリートを塗って、その上に子供達、それを囲むようにパパママの大きな手。
それらを貝で飾りました。
貝は子供達にも手伝ってもらいました。
ご家族の良い思い出です。

リフォーム後

アプローチのイメージがなかなか思いつかなかったのですが、さすがにプロですね。
いっぺんで気に入りました。
子供達も参加することができ、とてもいい思い出になりました。
数年後孫と手を重ねる日が来るのかと思うと楽しみです。


▲このページのトップへ