リフォーム物語

エクステリア(外装)のリフォーム事例

新築以来念願のアプローチ完成
三豊市豊中町 秋山様邸(仮名)
sub1
リフォーム後

ご夫婦のお父様がいろいろ手を加えてくださっていた庭。少しずつ手入れが進み、残すはアプローチのみ。
外壁と石積みの庭。広々としたエントランス。
わずかな工事範囲ですが、家の顔にもなる部分。気合が入ります。

担当: 小西直幹


三豊市豊中町 秋山様邸(仮名)
家族構成 夫婦 子供2人
工事範囲 玄関アプローチ
工事期間 約2週間

リフォーム前

sub2ポストが玄関ドアの所にあったので、雨の日などはぬかるんだ土を郵便屋さんが運んできていました。
わんぱく盛りの子供たちが庭を走りまわり、いくら掃除してもすぐ泥だらけになる玄関。
新築なのに・・・とちょっとがっかりでした。

コニーのご提案

我が家の顔となる アイストップ

sub3

まず、家を訪れた時に目に止まるのが、表札であり、ポストです。
あえて門扉はつけずにオープンな外構を選んだので、更にこのアイストップの役割は大きいのです。
ポストは、マックスノブロック社の製品。最近とっても人気のポストです。
表札は、最近いろんなデザイン、材質のものが多く見られます。

 
ポスト

色もデザインも豊富です。

↓マックスノブロックのHPより

post

表札

石や陶器だけでなく、ステンレス、ガラス アイアンや素材の組み合わせなど、個性豊なデザインが揃っています。
字体が選べる上、英語と日本語の組み合わせもできます。

plate


材質を組み合わせる

ブロックで下地を作ったうえに左官材料(四国化成の外装材「パレット」を使用)で仕上げています。
そこにアクセントに使ったのがモザイクタイル。
オレンジ系の鮮やかな色合いが引き立てます。(今回のメーカーは名古屋モザイク)
様々なインテリアに今多様されているのが、素材や質感の違ったものを組み合わせること。
木目と石、そこにステンレスなどの金属といった感じ。
アプローチにおいても、左官材料とタイル。
光沢とマットな質感の違ったものをデザインしました。
一時は目地が多いからと懸念されていたモザイクタイルですが、現在では内装外装のアクセントとしてよく使われています。
古典柄を表現したり、モダンな印象を与えたりと、私はタイルが大好きです。

↓名古屋モザイクのHPより
tile

リフォーム後

[お客様の声]
これで足元がさっぱりしました。
お客様も玄関のところでチャイムを押してくださるので、安心感が違います。
オープンなので入ってこられる方はいらっしゃいますが、今までのように土が玄関に上がらなくなってよかったです。
始めにご提案いただいたイラストがとっても気に入ったのですが、そのとおりに仕上がりとても満足しています。


▲このページのトップへ