リフォーム物語

店舗のリフォーム事例

壁紙の張替えでイメージチェンジ!
美容室『モンレーブ』様(観音寺市)
sub1
リフォーム後

お店の印象を決める内装。部分だけのリフォームは色決めが重要です。
今回はテーマカラーがはっきりしていたので、とてもすっきりしたリフォームになりました。
1面壁紙を替えるだけでも大きく印象が変わりますね。

担当:小西多香子


美容室『モンレーブ』様(観音寺市)
工事範囲 壁クロス張替え
工事期間 1日

リフォーム前

sub2

テーマカラーを使って、すっきりとイメージチェンジしたい。毎日繰り返すドライヤーの収納・取り出しによって壁に穴も開いてしまった。…そうご相談されました。

 

 

sub3
本当、石膏ボードの壁にぽっかりと穴が開いています。

 

コニーのご提案

2度と同じようにならないために

下地を直しまたクロスを貼ったのでは同じこと。数年後には同様に穴が開いてしまいます。
そうならないように、腰から下は別の素材を提案しました。
壁が緩やかに湾曲していたので、下地は石膏ボードに。
しかし、仕上げ材は床材を使用。衝撃に強い材質です。


原因の削除

これまで、ドライヤーはカウンター下にフックで吊り下げていました。
これは、オープン時にたまたまフックがあったからそこに吊っていただけのこと。
しかし、お客様の膝に当たらないように引っかけたり取ったりすることで壁側を傷めていました。
そこで、吊る位置を変更するようご提案。
市販のドライヤーホルダーはワゴンに引っかけるタイプのものしかありませんでしたが、それをカウンター付けに改造。
使いやすくスマートになりました。

sub3

 

リフォーム前

 

      ↓

sub4

これなら壁に当たる心配も、お客様の
膝に当たる心配もありません。


色・デザインで大胆に。

腰下の壁はヨーロッパの石畳。 ショップカラーにぴったりです。
腰下の壁はヨーロッパの石畳。
ショップカラーにぴったりです。

モンレーブとはフランス語で「私の夢」という意味だそうです。
パリのオープンカフェをイメージした野外のテント。
グリーンと黄色がショップカラーです。
そこで、オーナーのご希望で、クロスは黄色ですぐに決まりました。
しかし、腰下の仕上げ材は種類も限られていて、なかなかコレというものが見つかりません。
数冊の見本帳を何度もめくり、やっと探し出したのがこれです。
ヨーロッパの石畳。色も風合いもバッチリでした。

リフォーム後

簡単なクロスの貼り替えなのに、たくさんの見本帳の中から気に入るものを選んでくれ、ドライヤーホルダーのアイデアまで教えていただき、感動しています。
お客様がパッと見て「変わった」と言ってくれるのが嬉しいですね。
小さな工事なのに
ありがとうございました。


▲このページのトップへ