リフォーム物語

キッチンのリフォーム事例

自分でした水栓の取り換えが引き起こした衝撃の事実
観音寺市 小林様(仮名)
img_6380
リフォーム後

壁付けの水栓から水がポタポタしてたので自分で水栓を取り換えたのですが、それから3週間。なぜか一段下の引き出しが開け閉めしにくくなり、引き出しをぬいてみたらなんと真っ黒。蛇口がきちんと取り付けできていなくて壁の後ろを伝った水が、キャビネットの奥で大変なことになっていました。ちょうど引き出しのところに流れてきて発見。そこで下台部分のキッチンを取り換えることになりました。


観音寺市 小林様(仮名)
家族構成 ひとり 夕方お孫さんたちがきて食事を一緒にする
工事範囲 キッチン
工事期間 4日

リフォーム前

img_6378長さ3m30cmの広々キッチン。設置当時に使っていた乾燥機は故障して使えなくなりそのまま。

開き式のキッチンの下も収納が使いづらくつい天板の上にモノがあふれていました。

そこで水漏れを機に下台を取り換えることになりました。

コニーのご提案

既存の家具もすっきり収納

img_68993m30cmのキッチンは幅も長すぎます。そこで、お手持ちの家具「お鍋やフライパン収納」を一緒に並べることで、ダイニング側にあふれていた家具をすっきりキッチンに取り込みましょう。 既存の家具が白なのでよく似た感じの扉柄にしてみませんか?

 


既存の扉を使って天袋を面一に

2mg_6378img_7026右端で奥行きが違う天袋収納がありました。下の部分を取り換えるのでこのままではおかしいです。そこで、扉は今の物を使ってキャビネット本体を取替、天袋の奥行きが横一線になるようにしませんか。


キッチンパネルの色にこだわって

元の色の天袋と新しくつく下台の色、茶色の木目と白い鏡面。この一見かけ離れた色味をしっくりさせるためにキッチンパネルはあえて「ホワイト」でなく、「モザイクタイル」柄をえらびました。カタログだけではわからないので、カットサンプルを取り寄せました。

パネルだけで見ると派手かなっとも思えるのですが、貼ってみたらいい感じ。今までのタイルのイメージから一新。息子さんも驚きの豪華さになりました。

リフォーム後

img_6909img_7026すっきりとしたキッチンになりました。別の家具を入れていますが全く気になりません。コンロやシンクの位置もほぼ今までと同じですので使い勝手もよくなんといっても引き出し式なので今まで以上にたくさん収納できます。窓周りもすっきりとして見違えるようになりました。

何より食卓回り。家具が一つなくなったのでその分ゆったりとテーブルを置くことができ、息子さんたち家族が来ても6人一緒に食卓を囲めるようになりました。 

 


▲このページのトップへ